怖い 話。 【知りたくなかった怖い話】降車時にバスの運転手が告げた衝撃的な言葉 #22 — 文・イラスト 犬養ヒロ

【知りたくなかった怖い話】降車時にバスの運転手が告げた衝撃的な言葉 #22 — 文・イラスト 犬養ヒロ

しかし、次の瞬間、娘のほうを見ると、そばにいた男性が娘の手を引いて、どこかへ連れて行こうとしていたのです! 女性が声をかけると、その男性は娘の頭をなでてすぐに去っていったとのこと。 194件のビュー• 男の顔に笑みはない。

15

怖い話・恐怖体験談を集めてみた

悪友のカズヤ(仮名)と家でダラダラ話していると、 なぜか「ヒッチハイクで日本を横断しよう」と言う話に飛び、その計画に熱中する事になった。 あ、お寿司が好きです。

15

【閲覧注意】意味がわかると眠れなくなる!怖い話、都市伝説まとめ46選

しばらく速足で歩いていましたが、もうこの辺でいいだろうとゆっくり歩いていました。 怖い話を募集しています。

12

決して生きては出られない……大島てるが「事故物件の聖地」と呼ぶ“惨劇アパート”

今から7年ほど前の話になる。

4

人間の怖い話を短編でどうぞ【サイコ!車の中に居た人が……。】ガチ実話

というのも、以前お宝鑑定団で古美術品紹介されてた時にうちのじいちゃんちにも何かないかと遊びに行った事があるんだけど、その時にじいちゃんが出してきたのが曽祖父が使っていた収納箱、 墨で塗りつぶしてあって黒い木製の箱でその中に錫杖とか、恐らく印刷している品だろうけど掛け軸とか何故か軍隊手帳とか出てきたw 錫杖はぼろぼろ、もちろん掛け軸もぼろぼろ、もったいないなーと思いつつ、その時にようやくはじめて曽祖父のしていた事を知った。 そのあと巡回の看護師さんに発見され、ついてきてもらい子供を診察室に連れていくことができました。

14

【知りたくなかった怖い話】降車時にバスの運転手が告げた衝撃的な言葉 #22 — 文・イラスト 犬養ヒロ

たくさんのお客さんを乗せたバスは 1か所、2か所と止まるたびに、数名ずつお客さんを降ろしていきます。 らしいというのはうちの親に聞いてもどれも似たようで違うのだということだった。 そこには、凄まじい衝撃の光景が広がっていたのです。

【実話】怖い話(短い)『救急病院』

私は意を決して子供を抱きしめながら彼らの前を通ることにしました。 女性は恐ろしく思いながらも、玄関へ様子を見に行きます。

1