弘道 会 発砲。 神戸の山口組系事務所前で発砲 組員か、撃たれ重体

弘道会から直参を上げない理由

そのため極心連合会が離脱し一本独鈷でやっていける機動力はないように思える。 中西は、服役中の豪友会会長とに拘置中の竹中武(1985年2月1日にで、のとの刑事に、野球賭博開帳で逮捕されていた )を説得、岡崎は終結を了承したものの竹中武は一和会との和解を拒否した。

4

山一抗争

24日には大阪市の一和会組員が、事務所前で足を2発銃撃され全治3週間の怪我。 とはいえ自由に組を出られるほど弘道会は甘くない。 2人はこの話に乗り、9月3日に竹中と織田、香港の元飲食店店主の3人で取引に赴くが、そこでに逮捕された。

15

六代目山口組サイドへの発砲事件がまたも起こる! 髙山若頭出所を控えた、対抗勢力の「意思表示」か?

媒酌人は 会長。

住吉会幸平一家聡仁組と稲川会山川一家内堀組が歌舞伎町で抗争勃発。

栃木二代目• 中野会と言えば五代目山口組渡辺芳則組長の警護を任務し、、1997年(平成9年)8月28日新神戸オリエンタルホテル(現クラウンホテル)で当時五代目山口組ナンバー2の宅見勝組長を狙撃した組で後に絶縁になった組織である。 会館前に張られたテントに待機する約30人の警察官の緊張感が、もっとも高まったのは午前10時40分すぎ。 任侠団体を標榜するならば、それなりの処分があってもいいのではないだろうか。

9

最近の報道

3人は警察に電話して「水谷一家が一時間以内に解散届を出すのならば、中本と島上を解放する」と伝えたが、水谷一家が解散を拒否したため翌13日に中本を射殺、島上に重傷を負わせた。 神戸山口組幹部が平井一家に襲われたこと同様、事件の背景にある因果関係を類推させるものだが、確証を得るものではないのだ。 5月14日午後3時40分頃、栃木県にある正門前の郵便局駐車場で、住吉一家 親和会 組員・舟橋一也が車に乗った男から銃撃され死亡。

3

北関東抗争

このまま沈静化していくのか。 明けて2月4日に山口組直系組長会が開かれ、山一抗争終結への意向を質した山口組幹部に対し、竹中武は直系組長会での採決を逆提案。

8

山一抗争

つまり、神戸山口組は『六代目山口組と再び統合することはない』と、あらためて表明しているのではないかと考えられるわけです」(ジャーナリスト) 逆にいえば、髙山若頭の出所までに、ヤクザ社会の原理原則にそって「やられたらやり返す」の信条に沿った言動が六代目サイドにも生じる可能性も考えられる。 三重県警は、近くにいた70代ぐらいの男を銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

20

分裂抗争の真っ只中 六代目山口組の幹部が横浜に集結!

実は、佐々木は連邦麻薬取締局の囮捜査官であり、ジャクソンの日本公演やマフィアのパーティーも全て架空の話であった。 そしてこの弘道会からは、ほとんど直参に昇格させていない。 山口組襲名式は、7月10日にの「観光ホテル鳴門」で執り行なわれた。

17

事件・逮捕ヤクザニュース

この抗争は国内最大の暴力団組織で勃発した内紛ということもあって、ヤクザばかりか一般社会にまで広く影響を及ぼす格好となった。

9