避難 行動 要 支援 者。 被災者支援 : 防災情報のページ

避難行動要支援者とは

3取組を充実させよう(札幌市による支援など) 要配慮者に該当する方のうち、災害の発生又はそのおそれがある場合に、自ら避難することが困難で、速やかな避難を確保するために特に支援を必要とする方を「避難行動要支援者」としており、札幌市では、札幌市地域防災計画において以下の要件に当てはまる方を該当者としています。 精神障害者保健福祉手帳1級を所持している者• 避難所に関すること• 災害に係る住家の被害認定について• この制度は、避難支援に携わる人々の温かい善意によって支えられている制度で、普段からの地域の助け合いによって、少しでも災害時の被害を減らそうとするものです。 精神障害者保健福祉手帳1級を所持している方• 支援者の募集を目的とした町内会回覧 (災害時支え合いハンドブック本書p. (関連書類からのダウンロードができます) 登録用紙は上記の各窓口にも備え付けてあります。

大阪市:避難行動要支援者の避難支援 (…>災害に備える>取組)

イ協定の締結 札幌市(各区保健福祉課)と避難支援等関係者で名簿情報の取扱に関する協定を締結します。 被災者台帳• 避難所のスペースに限りがあるだけでなく、特に要支援者の場合、自宅とは全く違う環境となる避難所での生活は心身ともに負担となるからです。

11

要配慮者避難支援に取り組んでみましょう/札幌市

これからの課題について 近年の阪神・淡路大震災、新潟県中越地震及び東日本大震災に代表される大災害においての犠牲者は、高齢者や障がい者等いわゆる避難行動要支援者が多くの割合を占めています。

11

要支援者名簿作成も実効性に課題 震災教訓に制度化

地震のように突然起こる災害は、まず自分自身やご家族の身の安全を確保することが第一です。 ご希望の場合は、各区役所または保健福祉局総務課までご連絡ください。 昨年10月の台風19号による岩手、宮城、福島3県の死者53人(河北新報社調べ)のうち、少なくとも14人が避難行動要支援者名簿に登録されていたことが6日、被災市町村への取材で分かった。

1

避難行動要支援者支援制度

改正災害対策基本法に基づき、国は市区町村に避難行動要支援者の名簿づくりを義務づけ、要支援者ひとりひとりの個別支援計画をつくるよう求めている。

13

要配慮者避難支援に取り組んでみましょう/札幌市

支援母体は、地域の実情に合わせて「町内会・自治会」「自主防災組織」等の既存の組織が考えられます。 市民の皆様もぜひこの取組にご理解・ご協力いただき、災害時に1人でも多くのかたの命が助かる地域を目指し、一緒に活動に取り組んでいただくようお願いいたします。 36~37】• また、防災訓練等への参加は難しく、自身でもう少し知識を得たいのであれば、東京都防災ホームページの「災害時要配慮者への支援」が参考になると思います。

13

被災者支援 : 防災情報のページ

要支援者については本当に支援が必要な人の絞り込みのほか、浸水や土砂災害の危険区域に住む人を抽出してリスクを伝えるなどの対策をまとめる。 地域みんなで集まって話し合ってみる、配慮が必要な方がいるか探してみるなど、 地域に合った方法で、できることから取り組んでみませんか。 なお、様式中のイラストはフリー素材「いらすとや」様のものを使用しています。

13

要配慮者避難支援に取り組んでみましょう/札幌市

ご本人に対する同意の確認は、お住まいの地域の団体から申請があった時に、札幌市が行っています。 個別(避難)計画の場合は、「取り組む事項」として公表されたのが平成25年であり、2年程度経過した時点でのアンケート調査(平成27年年末から平成28年年初)のため周知不足が理由と思われますが、残念な結果です。