マリー アントワネット ミュージカル。 甲斐翔真「マリー・アントワネット」で悲恋に挑戦!「23歳の僕にしかできないフェルセン伯爵をお見せしたい」

ミュージカル「マリー・アントワネット」開幕 花總まり「キャスト一同が特別な思いを抱いての舞台に」

喜びはもちろんありますが、どれだけ自分が楽しんでいても、その役に見えなければ意味がないので、甘えることなくやっていきたいですね。

13

加美乃素 「マリー・アントワネット」大阪公演ご招待キャンペーン|株式会社 加美乃素本舗

国王ルイ16世(原田優一)統治の下、飢えと貧困に苦しむ民衆を尻目に王妃のマリー・アントワネット(花總まり/笹本玲奈)を筆頭とする上流階級の貴族たちは豪奢な生活を満喫していた。 マルグリットは路上生活者であるにも関わらず、マリーと同じようなピュアさ、人を思いやれる心をもっていて、さらに、人のために動くことのできる行動力のある女性です。

17

2021年期待の若手俳優、甲斐翔真 ミュージカル界で脚光「『職業は何?』と思われる無敵人間になりたい」 (1/2ページ)

マリーは公正さに欠ける公開裁判にかけられ、刑場の露と消える。 生きていた当時、その生き様が決して広く理解されていたとは言い難いマリー・アントワネットが、彼女の人生を歴史的教訓として後世、今の世の日本に伝えるために、花總まりという一人の舞台人の存在を必要とした、その様をこの目で確かめるような名演である。

ミュージカル「マリー・アントワネット」開幕 花總まり「キャスト一同が特別な思いを抱いての舞台に」

今まで王妃に対する憎しみを原動力にしてきたマルグリットは、地位も、夫も、子供も、全てを奪われ、必要以上に痛めつけられている等身大の王妃を間近で見て、真の正義とは何か、この世界を変えるために必要なものは何か、自分に問いかけるのであった…。 韓国で観劇した時に、「はい、出たい」って強く感じたので。

16

マリー・アントワネット、花總まりに降臨! ミュージカル『マリー・アントワネット』開幕

なお、今後、政府や地方自治体から特別な要請があった場合など、状況に変化がある場合は、急きょ公演を中止・変更させていただく場合もございます。 同じことが300年ぐらい前にもあって、こんなにも年月が流れているのに人間はいまだにそんなことをしているのかと思うと、変わらないと感じる部分もありますが、それもしようがないことなのかって。

甲斐翔真「マリー・アントワネット」で悲恋に挑戦!「23歳の僕にしかできないフェルセン伯爵をお見せしたい」

フェルセンは愛するマリーと国王一家を救うために脱出計画を立てるものの失敗し、一家はパリに幽閉されてしまう。 夢のような舞踏会の途中、突然飛び出した貧しい娘・マルグリット・アルノー(ソニン/昆 夏美)は民衆の悲惨な暮らしについて訴え、救いの手を求めるが、返ってきたのは嘲笑だけだった。

1

甲斐翔真「マリー・アントワネット」で悲恋に挑戦!「23歳の僕にしかできないフェルセン伯爵をお見せしたい」

2020年という厳しい状況の中でも、ファンに希望や勇気を与えてくれたミュージカル界。 本作は、大ヒット歴史ミュージカルの再演。

7

2021年期待の若手俳優、甲斐翔真 ミュージカル界で脚光「『職業は何?』と思われる無敵人間になりたい」 (1/2ページ)

日本では2018年に新曲を追加した新バージョンを上演し、人気を博しました。 フランス革命下の激動の恋と運命を描く、クンツェ&リーヴァイによる 大ヒット歴史ミュージカルが再演決定! 新キャストも加わり新たな進化を遂げる2021年版『マリー・アントワネット』に、ぜひご期待ください! 18世紀、フランス。 出演が決まったときのことを、「好きな作品に出られる喜びと、客席から見ていた先輩たちの中に参加する不安でいっぱいになった」と振り返る。

12