発熱 性 好 中 球 減少 症 ガイドライン。 亀田感染症ガイドライン:発熱性好中球減少症

がん診療ガイドライン│G

Impact of primary prophylaxis with granulocyte colony-stimulating factor on febrile neutropenia and mortality in adult cancer patients receiving chemotherapy: a systematic review. 米国でのG-CSF の実地臨床での現状もわが国と同じ状況にあるようで,G-CSF は一次予防的投与の方が二次予防的投与より優れているが ,無熱性好中球減少症,FN に対する治療,化学療法の治療強度を弱めないための二次予防的投与として使用されることが多い。

11

発熱性好中球減少症:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

加えて以下の二次資料を参考にした。 これらのリスク因子を確認の上,G-CSF の予防投与を受けていないFN 患者について,G-CSF の治療的投与を検討することが望まれる。 Importance of maintaining the relative dose intensity of CHOP-like regimens combined with rituximab in patients with diffuse large B-cell lymphoma. グレードAは「強い科学的根拠があり、行うよう強く勧められる」るもので、B、C1、C2となるにしたがって推奨の強さが弱くなります。

2

小児科の病気:乳幼児の自己免疫性好中球減少症

好中球減少症は、典型的な小児期のウイルス感染症とともに起こり、最初の1〜2日で発症し、3〜8日続くことがあります。

16

汎血球減少症

G-CSF の予防的投与およびG-CSF の治療的投与の推奨が提示されている。

好中球減少症(無顆粒球症、顆粒球減少症)

慢性の重篤な好中球減少症は,致死的な感染症の合併リスクが高くなり,G-CSF の適応となる。

14

慢性好中球減少症(周期性好中球減少症、慢性本態性好中球減少症、自己免疫性好中球減少症など(平成21年度)

近年,多発性骨髄腫に対する新規薬剤としてサリドマイド,レナリドミド,ボルテゾミブが認可され,さまざまな併用療法も開発されている。 MDS は,遺伝子異常を有する造血幹細胞のクローン性増殖に基づく無効性造血と前白血病状態を臨床的特徴とする疾患群である。

成人癌患者における発熱・好中球減少症の管理に関する新ガイドライン | 海外がん医療情報リファレンス

汎血球減少症が心配な方や治療したい方は血液内科や一般内科を受診してください。

5