ノストラダムス 2020。 2021年はどうなる?星占術師、予知能力者・ノストラダムスによる予言(2020年12月3日)|BIGLOBEニュース

20年前以上に新型コロナを予言していた“バルカン半島のノストラダムス”

そして、我々の世界の根本的な価値観が変化し、新たなレベルの精神性に移行するというのである。 妻の名前をアドリエット・ド・ルーブジャックと紹介している文献もあるが、これはスカリジェの妻アンディエット・ド・ラ・ロック・ルーブジャック(オーディエット・ラ・ロック・ローベジャック)と混同された誤伝のようである。

【保存版】ノストラダムスの「まだ実現していない9の予言」が恐すぎる! 第三次世界大戦、大地震、人類滅亡… 絶望的未来がズラリ

光の子と闇の子の最終戦争が起こり、人類は大厄災に見舞われる。

19

ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

Into a cage of iron will the great one be drawn, When the child of Germany observes nothing. 誰かまでは見えなかったが、世界中に衝撃が広まっていることが感じられた。

6

実は的中していた!?2000年以降の「ノストラダムスの大予言」

生き残るのは、慈悲深い神仙民族 修行の結果、超能力を得た人 だ。 解釈に都合良く原文が改竄されている。 ジーン・ディクソン(1904~1997)は、アメリカの女性占星術師で、幼い頃から超能力があったそうで「ケネディ大統領が暗殺される」との予言的中により一躍有名人になったのですが、その後は多くの政治家が彼女の予言を頼ったと言われています。

3

ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

しかし、現在では他の文書 クリニトゥス『栄えある学識について』/1504年 からの引用アレンジであることが明らかにされています。 上久保氏は「既感染の状態では抗体が減衰することが多く、抗体があっても抗体検査で出てこない可能性が高い」と述べる。

7

本当にあった【見事的中したノストラダムスの大予言まとめ】

レーはノストラダムスの往復書簡についても抄録の形ながら紹介を行い、この面でも実証的な伝記の形成に貢献した。

本当にあった【見事的中したノストラダムスの大予言まとめ】

新型コロナを予言していたのではとマニアの間で騒がれているのが、劉基(1375年没)だ。

【保存版】ノストラダムスの「まだ実現していない9の予言」が恐すぎる! 第三次世界大戦、大地震、人類滅亡… 絶望的未来がズラリ

日本での知名度こそ低いが、中国では超有名。 ノストラダムスの予言が新型コロナウイルスのことを指している可能性があるとして、話題になっている。 ただし、シャヴィニーは前述の通り、招待の時期自体を誤っていた。

15