デリカ キャンピングカー。 デリカD:5が車中泊仕様に! ポップアップルーフ搭載の「D:POP」誕生。

デリカD:POPの情報|キャンピングカー専門イベント情報サイトJRVAイベントドットコム

ケイワークス独自開発の2列目シートでフルフラット&バツグンの収納力に 後退時にヒットしやすいリヤバンパー部を、強靱なステンレスチューブでガードする『JAOS リヤスキッドバー』、デリカのカスタムには欠かせない、ポップアップテントへの昇降やルーフキャリアに載せた荷物の積み下ろしに役立つハンドレール付き『JAOS リヤラダーII』、バンパーを下部からしっかり守るレーザーカットロゴ入りの『JAOSスキッドプレート』などが、デリカD:5用としてJAOSより用意されています。

デリカD:5のキャンピングカー内装や値段【バンコン】デリカD:5クルーズ

さまざまなオプションも用意されているので、目的に応じたカスタムを楽しむことができます。 乗り心地はどうなの? 設備を備える以上はどうしても重量が増えますので乗り心地は乗用車に比べれば固めです。 愛知県豊橋市に店舗があり、内装に使う設備や家具は地元東三河の家具職人の技を活かして製作されています。

2

新型デリカD:5 ポップアップルーフ完成!!!

ケイワークスが得意とするリチウムイオンバッテリーでさらに可能性が広がる デリカD:5の魅力をさらに紹介しておくと、「リブボーン」と呼ばれるあばら骨のような堅牢な環状骨格構造のフレームが採用されている。 取って付けただけではなく、クルマのトータルなスタイリングがまとまっているのは、 ケイワークスとJAOSがしっかりとコラボレーションしているからでしょう。 と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。

9

JAOSコラボ! クロカン仕様のキャンピングカー「デリカ D:5 クルーズ」

車をバックさせる際に、傷つけやすいリヤバンパーを守る強靭なステンレスチューブガード『JAOS リヤスキッドバー』• また、テーマパークや歴史を学べる博物館など、それぞれの好みや家族構成にあった楽しめる施設も充実。 ヨーロッパのような長期休暇を望めない日本では、できるだけゆったりと家族の時間をとるために、週末の金曜日から前泊入りで出かける「車中泊」旅行が、静かな人気。 遮光カーテン6面• クルマの利用形態の多様化が進んだことから、車中泊に適したカスタマイズを手がけるようになり、2010年からデリカD5の車中泊カー、キャンピングカーの製作と販売を開始しました。

4

新型デリカD:5 ポップアップルーフ完成!!!

3 方向 3way に開口をもち、テント素材は、 超撥水仕様 ですので 耐久性も折り紙つきです。 電圧計VACモニター(30,000円)• ACコンセントも含めピラー内にきれいに収まり視認性も抜群。

DELICA D:5 D:POP

土曜日の朝から目的の場所で遊びや楽しみをスタートできます。

20

NEW DELICA D:5 CRUISE

なおバンコンタイプのキャンピングカーは以下の記事でも紹介しているので、こちらもあわせてご参照いただき比較してみてください。 同社が販売する取り扱い車両には全てこのシステムが導入されている。 そんなクルマで場所を選ばずキャンピングできたらワクワクが止まりませんね! 乗り心地の良さ たくさんの荷物を積むことを前提に設計された貨物車の性格が強いハイエースに対して、デリカD5は人を乗せることを主眼に置いた乗用車であるため、乗り心地の良さはハイエースより上です。

2

デリカD:5がケイワークスとJAOSによって本格的なキャンピングカースタイルに|キャンピングカースタイル

アクティブなキャンピングカーに乗ってみたい、自分なりのスタイルを求めたいなど、ケイワークスのD:5クルーズなら、あきらめていた夢を実現できるかもしれませんよ。 ) 同じく天井には、荷物を掛けておくためのマルチユースフックが2つついています。

6