幾何 公差 振れ。 普通幾何公差|個々に公差の指示がない形体に対する幾何公差

製品の幾何特性仕様(GPS)-幾何公差表示方式(JIS B 0021:1998より抜粋)

翻訳すると・・・ 面の輪郭度はデザインのある部品の曲面などが、デザインした通りに出来ているか指示するものです。

18

6. 幾何公差とは?

08mmだけ離れた二つの平行な平面の間になければならない。

17

回転する部品に指定する「振れ公差」 (1/2)

円筒度 JISでは、 「円筒形体の幾何学的に正しい円筒からの狂いの大きさ」と定義されています。 定盤(じょうばん) 定盤は形状公差の測定に使用する水平の台です。

11

6. 幾何公差とは?

b 同一平面内にない線とデータム直線対象としている線とデータム直線とが、同一平面上にない場合には、この公差域は、データム直線を含み、対象としている線に平行な平面へ、対象としている線を投影したとき、データム直線に対して指定された角度で傾き、tだけ離れた2つの平行な直線の間に挟まれた領域である。 -23,550 views• 位置偏差と姿勢偏差の相関関係 保管用PDFに掲載中。

12

幾何公差08 円周振れ 全振れ 2つの違いと同軸度(同心度)との関係性を解説

円筒表面の加工法によっては、 その横断面が図 に示すおにぎり形の等径ひずみ円に加工されることがある。 1mmを超えてはならない。

やさしい実践 機械設計講座

左右必要数同じく測定し、その読みの最大差(一番低い所と高い所)が全振れとなります。 図5:面と線の平行を要求した指示例 続きは、保管用PDFに掲載中。

11

幾何公差の基本を理解する (2ページ目)

(2)データムの設定方法 データムは幾何学的に正確な面または軸線として設定しますが、図面にデータムを指示しても、製作誤差が生じます。 (線の輪郭度、面の輪郭度は、第5回を参照) 1. 図1:平行度を線の要素で指示した例 図1は、データムAに平行で、かつデータムBに直角な任意の位置にある線分が、0. この種の公差は、普通幾何公差方式の概念を最大限に使用できる。

4