アンペック 坐薬。 医療用医薬品 : アンペック (アンペック坐剤10mg 他)

モルヒネ(坐):アンペック

17.重篤な炎症性腸疾患のある患者[連用した場合、巨大結腸症を起こす恐れがある]。 0 定期投与またはレスキュー・ドーズとして使用する。 219• 使用上の注意 禁忌• 有効限界がないのも特徴で、より強い痛みに対しては用量を増やすことで対応可能です。

アンペック坐剤10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

〕 胆のう障害及び胆石のある患者〔胆道痙れんを起こすことがある。

12

アンペック坐剤10mgの添付文書

奥まで入れないと出てきてしまうので、5分位ティッシュなどで肛門を押さえておくと出てきません。

8

モルヒネ(坐):アンペック

含量が異なる5製剤(2. 消化管内で水溶性微粒子が速やかに溶解して多数の細孔を形成し、pH非依存的に徐放性を示す。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 副腎皮質機能低下症 アジソン病等 の患者[呼吸抑制作用に対し、感受性が高くなっている]。

20

坐薬は速く効くのか?錠剤と坐薬(剤)の比較と違いについて

2 コデインは体内でモルヒネに代 謝されることにより鎮痛効果を発揮すると考えられている。 分娩前に投与した場合、出産後新生児に退薬症候 多動、神経過敏、不眠、振戦等 が現れることがある。 連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与する。

3

アンペック坐剤10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

本剤が不要となった場合には、病院又は薬局へ返却するなどの処置について適切に指導する。 処方例:坐薬中心であれば下記のような対応が考えられます。

5