花 より 男子 二 次 小説 総 つく。 新たな道へ 1

花より男子・二次小説・まどろみ ~総つく~

一方の俺は、とても落ち着いてはいられなかった。 さっき、あきらんちの双子達が噂してたからさ。

2

新たな道へ 1

あら、こちらが例のお嬢さん??」 「うん。 プレゼントとか貰い慣れてるだろうから。

15

花より男子・二次小説・Believe vol.2 ~総つく~

何度もサイトを休止するべきか・・・閉鎖するべきか・・・悩みました (更新が出来ないのに皆様をお待たせしても申し訳ないし・・・) でも・・それでも 執筆しようという気持ちは全く消えたわけではないし 花より男子という漫画を好きな気持ちは全く変わってないので 悩みに悩んだ結果、更新はなかなか出来ないかもしれないけど それでもいつでも復帰(小説執筆再開)しても大丈夫なように このままこのサイトを存続することと致しました。 」 司は、どこかで会った、というよりも、過去の記憶が呼び戻されるような気がしていた。

花より男子・二次小説・まどろみ ~総つく~

一体誰と話してる? 牧野がそんなに会いたがる相手って? 俺が寝ていると思って小声で話し続ける牧野。 忙しいのにごめんなさい。

19

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

「・・・・・かわいい女の子が生まれても、あたしのこと忘れないでね」 そんな牧野がかわいくて。 。 」 つくしは、返す言葉がなかった。

4

花より男子・二次小説・まどろみ ~総つく~

」 玲人は、頭を下げた。 でも、目元や、顔の雰囲気は、どことなく見覚えがあった。

15

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

」 麗香が、稜に教えた。 人が寝てる間にこそこそと、会いたいだの、大好きだの・・・・・ずいぶん舐めた真似してくれんじゃねえか。

9

新たな道へ 1

」 「それでいいの?」 「、、、、」 「彼女の事、本当に愛してたのか?? このまま、中途半端に気持ちを引きずったまま、先になんて進めないんだぞ。

20