大 覚寺。 寶華山 敬覚寺

嵯峨 大 覚 寺

文化財 [ ] 重要文化財• 29専誉(1530-1604):長谷寺1世。

11

嵯峨 大 覚 寺

この地は南朝方多田頼貞の自刃の地であり、嫡子頼仲がこの戦跡の地に精舎を建て、これが松壽寺の草創である。 平成18年に、覺王山歳弘法堂と善光寺阿弥陀如来堂を 須弥山歳覺寺として新たに『単立宗教法人』として 須弥山歳覺寺の寺名で、申請しております。

13

大覚大僧正開基寺院

後宇多天皇宸翰護摩口決• 融源(1120-1217):覚鑁の親族。 4年()の火災で仏殿(本堂)が焼失するが、3年()、により再建されている。

4

嵯峨 大 覚 寺

暦応2年(1339) 和泉和気妙泉寺を開く。 24聖瑜():十輪院。 要するに、建武3年・正慶5年・延元元年は何れも西暦1336年を示す。

6

寶華山 敬覚寺

法皇の父である から続く系統は当寺にちなんで「 」と呼ばれ、の系統の「」と交代で帝位についた(両統迭立)。 あるいは延文3年、暦応3年(1340)創立ともいう。

5

覚願寺|世田谷区上野毛にある真言宗智山派寺院

残念な年越しになりますが、又、来年度健やかで大勢の皆様と共に、餅搗きが出来ますよう願わずにはいられません。 もとより、大覚の関東下向を証する同時代資料はない。 「1つ1つの珠は紐でつながっているけれど、紐が切れたらバラバラになってしまう」という話をすると、「人と人のつながりは大切で、自分勝手なことはできないな」ということを学ばれていきます。

9